ものあい

鵜飼美紀 [日本]

2018.11.03 - 2018.11.23

空間を遮るように皮膜状のラテックスを配する。時とともにラテックスの飴色はゆっくり褐色へと変化してゆく。向こう側に透け見えるのは自分以外の誰かか、窓から差し込む柔らかな秋のひかりか。視界を遮る飴色に触れかすかに揺らぐ。

プロフィール:
1968年 東京生まれ。1994年 東京藝術大学大学院美術研究科修士課程修了。主にラテックス(液体ゴム)を用いたインスタレーションを制作。薄い皮膜状にラテックスを広げ視界・行動を遮るように配置する。一方で、ガラスの器に水を張るインスタレーションも展開。器に水を表面張力すれすれまで張り、歩行を妨げるように足もとに無数に配す。主な展覧会に1996年「ART TODAY “ひながた“-これは現代美術ではない」セゾン現代美術館、 2000年「鵜飼美紀 restless・restful」静岡県立美術館、2005年「鵜飼美紀+辻和美-光のかけら-」群馬県立館林美術館など。


展示期間 2018年11月03日(土) - 2018年11月23日(金)
展示時間 月火休廊 Mon & Tues Closed|12:00-19:00 最終日のみ17:00までLast day till 17:00
展示場所 Studio 3
作家HP http://www.youkobo.co.jp/

関連イベント

  • 11/10 (土) トークイベント:16:00-18:00、レセプション:18:00-21:00 *トークは先着10名予約制:参加ご希望の方はお名前をご記入の上、下記までご連絡ください。 info@youkobo.co.jp