IT'S ABOUT TIME/OPEN STUDIO

アマンダ・リッフォ [フランス]

2013.12.18 - 2013.12.22

SHP part II, Time Homeless Pavillon
リッフォは、時空間に関するプロジェクト第二弾として、ドローイング、写真、その他の媒体を用いて「SHP(スペース・ホームレス・パビリオン) Part2
, Time Homeless Pavilion」を発表します。デジタルや科学的な画像、1960年代の映画に見られる特殊効果、彼女自身の日常生活の中の社会行動に対しての観察などに影響を受けています。
彼女は日本の映画美術の技術、特に黒澤映画における色鮮やかに描かれた背景セットに関心があります。(参照:どですかでん1969、乱1984)
遊工房と女子美術大学の働きかけにより、女子美術大学の卒業生である2つの黒澤映画で仕事をしたアートディレクター、村木忍の資料に接することが出来ました。
本展では、E.Kleinのような科学者の講義に触発されたスプレー・ペイント・アート・ブック・プロジェクト「IT’S ABOUT TIME」に加え、東京で撮影した写真、スプレー・ペイント・グラフ、現実とフィクションの間の曖昧な境界線上にあるユニークなオブジェクトを発表します。
三冊限定のオリジナルアートブックは、スプレー・ペイント、計算図表を使い、手縫いで装丁されています。

カタログ


展示期間 2013年12月18日(水) - 2013年12月22日(日)
展示時間 12:00-19:00 (Last day till 17:00)
展示場所 Studio 1
作家HP http://www.amandariffo.com/

関連イベント

  • アーティスト・トーク:2013年12月18日 6pm-
  • オープニング・パーティー:2013年12月18日 7pm-