アンドレス・デ・サンティアゴ 革命という歴史の道筋は、実は古典主義的である。血統による権力の誇示は、封建主義的な基準点に立っていて、評価を惑わせる。仮定に基づいた表現に意味はあるのか?伝統とは?職人的な技巧は社会で埋もれるものを取り返すゲームなのか?権力と美術史のイメージを、概念的なルールとしてプリントを用いて探求することで、《Underdog》という作品は、強引に物語の中を突き進み、伝統的な主題を切り抜け、2007年に始まったアーカイブに蓄積されていく。

展示期間 2009年12月09日(水) - 2009年12月16日(水)
展示場所 GALLERY