初めて石の上に絵を描いた感覚を今でも覚えている。 硬くて、冷たくて、描かれるのを拒絶しているような、それでいて温かみのある、実に不思議な素材だと思った。 そして、石に描いた絵を古い鋳鉄製のプレス機で刷る。厳粛な気分になる。自然の素材を用いた石版画には、常に作り手と素材との対話がある。今回の展示では、従来から制作している「種」シリーズと、種という小宇宙から我々動物、そして宇宙の誕生へとイメージを広げた新作を発表する。

展示期間 2005年10月06日(木) - 2005年10月16日(日)
展示場所 GALLERY