安田豊 YASUDA Yutaka (代表して)僕の周囲には、日常的に物体Xが飛来している。それは、大きかったり、小さかったり、見えたり、見えなかったりする。安田豊の絵画作品のほとんどが、新聞やテレビ、街の掲示板、マンガや私的な写真など彼の日常にあふれるイメージをもとに描かれている。それらの作品には、現代社会の希薄化した表層的イメージと彼の記憶や日常の思考からくる内面的な空気がただよう。 +++++++++++++++++++++++++++++++++++++ 1979年福島生まれ 2002年東京造形大学卒業 2005年東京芸術大学大学院美術研究科博士後期課程美術専攻在籍文房堂などでグループ展出品多数   「studio ZOU」は、安田豊、平丸陽子、門田光雅のペインティングを中心に創作を続ける3人が立ち上げたオルタナティヴ・スペースです。遊工房アートスペース内のスタジオ、西荻窪において活動をスタートします。私たちと同じ世代の感性を発信する新しい場所を作りたい、そんな思いから始まりました。今回は、 studio ZOU 設立メンバー三人とそれぞれが推薦する作家二人を招き、オープニング展を企画しました。象のようなゆるやかに大きなあゆみを、一歩一歩前に進めていきたいと思います。

展示期間 2005年06月30日(木) - 2005年07月11日(月)
展示場所 GALLERY