2017.06.15 - 2017.07.31

アビー・ジョーンズ

アビー・ジョーンズはロンドンに本拠を置く芸術家であり考古学者である。領域を横断する制作・展示方法を組み合わせて、様々な素材でインスタレーションを制作しいるを施行する。彼女の作品は、様々な媒体の集合によって観客の視覚的意識を素材の質へと惹きつけ、作品の間に起こりうる自発的な物語を誘発しようとしている。

芸術と考古学の実践活動において、彼女は発掘者とクリエイターの両方を演じることによって、これらの領域の中で探求する。古代遺物と対話し、技巧や構造、発掘、労働行為にまつわる主題との相互関係を含め、現代アート作品を作り出すよう目指している。彼女は、我々が関わる人工物の創造を可能にしている固体材料である、地面に内在する粘土、石、白亜にも関心がある。

ロンドン芸術大学Central Saint Martinsを2015年に卒業後、彼女はDouble Agents と Acme Studiosが運営する Associate Studio Programme(ロンドン)での2年間の活動機会を獲得した。また、近年Museum of London Archaeologyにて考古学者としての訓練を受けてきた。

遊工房アートスペースでの滞在中、彼女は保存と現代化についての異文化間の価値に関する対話の機会を設ける予定である。東京を日々歩き、スタジオに戻って作業をするために視覚的、書面的、具体的な素材を収集する。
彼女は日本での経験を通して、を探求するつもりである。同時に、日本の考古学や文化遺産に関する場所、博物館への歴史的リサーチなども行う。普段から創作に専門紙を取り入れているため、まずは和紙で作品制作することから始める。探求の方向性が見えてきてから、彫刻やインスタレーションへと進める予定。


滞在期間 2017.06.15 - 2017.07.31
滞在場所 AIR-2
作家HP http://www.abbijones.com/