2016.11.01 - 2016.11.30

ヴァネッサ・ゴデン

アーティスト略歴
ヴァネッサ・ゴデンは、オーストラリアのメルボルンに拠点を置く、ミクストメディア・アーティストです。
彼女はロードアイランドデザインスクール(米国)からMFAを、ヒューストン大学(米国)でBFAを受け、現在は芸術のヴィクトリアン・カレッジ(オーストラリア)で博士号を取得中です。
ゴデンのスタジオでの制作は、ドローイングから、パフォーマンス、ビデオインスタレーション、およびブックアートを含み媒体は多岐にわたります。
多様なメディアを使うことによって、心の隠れた襞を明らかにし過去へと変化させ、周期的な儀式の記録をしていく努力により、時空を作り出します。
彼女の芸術的な物語は、記憶から構成された自分のイメージ上に構築されるのか?視覚的マーカーのないレコード。
永続的かつ定期的なイメージと口述、反転、ボディ、外傷、や系統が含まれたテーマ、それぞれは実に公言したかったが、どうにも対処できなかった内側の叫びを見つけるために深い個人的な必要性に陥らせています。

レジデンスプラン:
彼女は日本刺繍の技術と日本のホラー映画と舞踏劇場で表される身体の惨めさの形態研究により、より深い理解を得るために遊工房での時間を費やそうと計画しています。
調査に呼応して、縫われたものをベースにした本のアート・プロジェクトを詳述し短編映画を製作します。それはマルチ民族性の自叙伝的な経験やレイプ後の状態のもつれなどを伝えます。

滞在期間 2016.11.01 - 2016.11.30
滞在場所 AIR-2