隣り合う腕

ALABORA:大塚 聡、川越健太、杢谷圭章 [日本]

2020.11.03 - 2020.11.29

ALABORAは本展を契機として、大塚聡、川越健太、杢谷圭章によって、作品展示をはじめ様々な媒体での発表や、それぞれの制作過程における関心を共有し、実験的な試みをおこなうため、2020年に結成されました。各作家はこれまで、既存の枠組みにとらわれることのない独自の活動を続けてきました。本展はそのような活動に抽象的な輪郭を与えることを試みるものです。
大塚はガラスや鏡などの透過/反射する性質を持った素材を扱いながら、写真や映像においても同様の性質を見出し、私たちの視線、あるいはその先にある風景が拡張性を獲得していくような表現を実践しています。また、川越は写真や絵画に潜在する構造に関心を寄せ、そこから引き出される要素を造形的な操作のための手がかりとして捉え直し、写真を断片性から複数性へと接合/統合していくための形態を探求しています。版画の特質を活用する杢谷は、眼前に広がる光景を構成する要素を解きほぐしながら、色彩や線といった基本的な造形要素に還元することで、見ることの経験を抽出してみせています。
それぞれの素材に対するアプローチや用いられる技術の固有性を抽象化すれば、そこには単位性あるいはモジュール性とでも呼ぶべき要素と、それらを打ち消そうとするモメントが拮抗していることが見てとれます。またそうした要素を作品内において規律的に、あるいは可逆的な読解性を担保させたまま操作するために、メディウムの特性を利用しながら、ある論理的な場を立ち上げようとしている点も共通していると言えるかもしれません。
本展では、それぞれに作品を成立させる条件は異なりながらも、作品を支える方法への意識が三作家に共通した問題として現れる時間を、実際の展示空間で経験することができるでしょう。

※ご来場にはマスク着用が必要です。また、体調の悪い方、熱のある方のご来場はご遠慮ください。

展示期間 2020年11月03日(火) - 2020年11月29日(日)
展示時間 12:00-19:00
展示場所 youkobo
作家HP https://a-labor-a.com