ポテトとアフリカ大陸を縦断するプロジェクト

小鷹拓郎 [日本]

2010.05.12 - 2010.05.16

本展覧会は、単身アフリカで活動していた小鷹が「エジプトにはポテトがない」という噂をきいて、南アフリカの市場で買ったポテトと一緒に最北のエジプトまで旅をするというプロジェクトです。ジャガイモと一緒に陸路で7ヶ月かけてアフリカ14カ国を訪問し、小鷹の中学時代のあだ名でもあった「ポテト」にアフリカ大陸縦断という壮大な経験をさせた冒険の記録。

作家コメント:「アフリカ大陸を縦断することは人間でも大変なのに、小さなポテトにとってはまるで火星にでもいくようなものだろう。途中、秘境の民族に食べられそうになったり、奪われそうになったり、乗っていた車が砂漠で横転するハプニングが起きた。この小さなポテトを通してアフリカの人々と接する事で、ポテトが世界と繋がる唯一無二の存在であるかように思えてきた。(小鷹拓郎)」

本作品は、ビデオインスタレーションとドキュメントによる展示になります。

展示期間 2010年05月12日(水) - 2010年05月16日(日)
展示場所 ギャラリー
作家HP http://kotaka766.com