私は主に紙を素材に単調な動作を繰り返し集積する作品や連続模様をモチーフにした作品を発表しています。自分を構成している穏やかな世界が自分を取り巻く外側からのちからにより揺らぐ時、例えば生まれたばかりの赤ん坊が遺物を口の中にいれ確認することで自身の世界を徐々に構築してゆくように、私は動作の集積を行うことで再び自分の世界を構築していきます。それは外側の世界に対する排他的行動なのではなく、逆に自分のいる場所と世界との距離感を再確認することで自分を取り巻くこのあまり穏やかではない世界を受け入れその中で生きたいから行う健全な行動であるのだと思います。

展示期間 2008年03月06日(木) - 2008年03月16日(日)
展示場所 GALLERY