地図の物語は 新しい手法のオンラインの作品で、鑑賞者が相互に関わることによって作られていきます。言葉、イメージ、アニメーションをつかって、テーマを探求していきます。この展示中に、画廊とオンライン両方の鑑賞者は、答えを加えたり、ただ単純に他の参加者の答えも交えてこの作品の変化を観ることができます。この作品の目的は アイデンティテイの確認にあります。私は、視聴者の参加によって相互作用する映像を基にした作品を手がけています。この作品は ワールド ワイド ウエブに 掲載され、同時に 美術館などの公共の場で公開されています。私は 人が その人自身の文化的側面性をどう理解するかに 興味があります。また 他の文化を保持する人が この私の作品にどのように参加するかに 興味があります。一方で 文化間の開けっぴろげな意見の交換を認めながら。 米ソ間の冷戦終結後、政治上の境界線が変わりました。同時に、海外旅行と世界経済の発展が 違う文化背景を持つ人々を 共にもたらし、自分たちとは異なった言語、文化を理解しなければならないという困難な状態が 生じてきています。そこでは 私たちが誰である(アイデンティティ)という観念が、問題になってきています;私たちが自分自身を個人としてどう定義するかに始まり、国家という集合的な定義、移民として他国に渡り二文化の中で 生きる人たち(あるいはサラリーマンなどの海外赴任者)をどう定義するかということです。地図の物語は 新しいオンラインの作品で 視聴者と相互に関わることによって達成されます。言葉、イメージ、アニメーションを組み入れ、この課題を探求していきます。この展示中に、画廊とオンラインの視聴者は 答えを加えたり、それとも ただ単純に 他の参加者の答えも交えて この作品の変化を観察することができます。この作品の多くは 個人の境界線が妥協されている体の部分を使っています。(例えば、閉じられた空間に 見知らぬ人と居合わせ、同じ空気を吸っています。)この体の部分は 簡単な質問を 描写するために必要です。質問はそして参加者に提示されます。参加者は、言葉を加えることができ、また複数の質問に対する選択を 掲示することが可能です。それらの答えは 各分野の質問の最後の部分に集積されます。これらの応答は アメリカと日本の視聴者からの答えを集合的に あるいは視覚的イメージとして 比較されることになります。展示会場にはコンピューターが 設置されています。各分野の質問を検索するために 台の上に位置するマウスをクリックすることは あなたの自由です。“前進”のボタン(右に位置する矢印のボタン)が、各投影図にあります。展示会場にあるコンピューターに 情報を提出することは あなたの自由です。この作品の進化を次にあげるオンラインで見ることができます:http://www.imaginarycountry.org/tokyoこれらの答えは匿名となっています。この作品の目標は 文化的側面を考えるうえで、私たちが 誰であるかという観念について 反映を引き起こすことであり、この情報で客観的な結果を出したり、ある特定な参加者の最終的な思想を 証明することではありません。討論と私は、視聴者の参加によって相互作用する映像を基にした作品を手がけています。この作品は ワールド ワイド ウエブに 掲載され、同時に 美術館などの公共の場で公開されています。私は 人が その人自身の文化的側面性をどう理解するかに 興味があります。また 他の文化を保持する人が この私の作品にどのように参加するかに 興味があります。一方で 文化間の開けっぴろげな意見の交換を認めながら。 米ソ間の冷戦終結後、政治上の境界線が変わりました。同時に、海外旅行と世界経済の発展が 違う文化背景を持つ人々を 共にもたらし、自分たちとは異なった言語、文化を理解しなければならないという困難な状態が 生じてきています。そこでは 私たちが誰である(アイデンティティ)という観念が、問題になってきています;私たちが自分自身を個人としてどう定義するかに始まり、国家という集合的な定義、移民として他国に渡り二文化の中で 生きる人たち(あるいはサラリーマンなどの海外赴任者)をどう定義するかということです。地図の物語は 新しいオンラインの作品で 視聴者と相互に関わることによって達成されます。言葉、イメージ、アニメーションを組み入れ、この課題を探求していきます。この展示中に、画廊とオンラインの視聴者は 答えを加えたり、それとも ただ単純に 他の参加者の答えも交えて この作品の変化を観察することができます。この作品の多くは 個人の境界線が妥協されている体の部分を使っています。(例えば、閉じられた空間に 見知らぬ人と居合わせ、同じ空気を吸っています。)この体の部分は 簡単な質問を 描写するために必要です。質問はそして参加者に提示されます。参加者は、言葉を加えることができ、また複数の質問に対する選択を 掲示することが可能です。それらの答えは 各分野の質問の最後の部分に集積されます。これらの応答は アメリカと日本の視聴者からの答えを集合的に あるいは視覚的イメージとして 比較されることになります。展示会場にはコンピューターが 設置されています。各分野の質問を検索するために 台の上に位置するマウスをクリックすることは あなたの自由です。“前進”のボタン(右に位置する矢印のボタン)が、各投影図にあります。展示会場にあるコンピューターに 情報を提出することは あなたの自由です。この作品の進化を次にあげるオンラインで見ることができます:http://www.imaginarycountry.org/tokyoこれらの答えは匿名となっています。この作品の目標は 文化的側面を考えるうえで、私たちが 誰であるかという観念について 反映を引き起こすことであり、この情報で客観的な結果を出したり、ある特定な参加者の最終的な思想を 証明することではありません。討論と反映が この作品の主な目的です。反映が この作品の主な目的です。

展示期間 2007年06月28日(木) - 2007年07月08日(日)
展示場所 GALLERY