私は、美の既成概念や商業的な映画産業にとらわれない、芸術としての映画の可能性を探求し続けたいと考えています。作品は、韓国で古い劇場のドキュメンタリーを撮り続けていた時に偶然に発見した80-90年代の韓国映画から抜粋したフィルムを骨子として構成しています。 “孵化するフィルム”は、生産の主流がデジタル領域に移行するとともに、フィルムは古いと捨て去られようとしている今、フィルムのアートとしての地位を再確認するために制作したものです。

展示期間 2007年02月08日(木) - 2007年02月18日(日)
展示場所 GALLERY