1971 トルコ・イスタンブール生まれ 1993 初個展 以来、4回の個展また数多くの企画展に参加     トルコ、ギリシアで数回、彫刻シンポジウムに参加 2000 Sakip Sabanici 奨励賞の彫刻部門で第二席を獲得 アペルギャラリー 個展「zzzzzzzzz」 (トルコ・イスタンブール) 2003年「zzzzzzzzz」展アペルギャラリーディレクター/ヌラン・テルツィオル より  90年代の終わり頃、カレはシャーマニズムに深く関連した彫刻やパフォーマンスを発表していた。かつてアナトリアには、アミニズムを信仰したり、すべての生き物を崇拝したりする聖なるものとしてのシャーマニズムが存在し、その遺跡や風習は、今日でも目にすることが出来る。 カレはこうした太古の伝統を、純然たる神秘象徴主義によって「合成の虫」に変換する。「zzzzzzzzzz」展の「合成の虫」は彫刻の群像で、その1つ1つが人間の顔を持つ。それに気付く者は一瞬たじろぐであろう。また、その群像の動きがサーカスを見ているようにも感じる。この「合成の虫」の作品も、すべての生き物への興味が現れたカレの作品を知れば、決し思いつきではないことが判るのである。 

展示期間 2004年02月07日(土) - 2004年02月16日(月)
展示場所 GALLERY