2019.07.01 - 2019.08.31

ボルハ・ゴメス・ディエス

[バスク・スペイン]

ボルハ・ゴメス・ディエスは、絵画と素描を使って視覚的なものと触覚的なものの境界を探る。 身振り、色、物質性を通して、形や要素が浮かび上がる。 テーマは無い。 意識していない、ある種の理解に、芸術家の繰り返し湧き上がる問は、彼の手が多分取り消すだろう幻と修正の長いプロセスをもたらし、画面の異なる層を通して形を成す。
ビルバオ(バスク地方)に拠点を置き、自分のスタジオで起こることを重視している。そこは、失敗、出会い、そして愛が共存し、すべてのものが内外に移動しすい内省の場所である。

レジデンスブラン
遊工房アートスペースでの滞在中、ボルハは街に溶け込みながら絵画やドローイングに取り組む。 明確な目的を持たずに東京近郊をさまよい、新しい見方を広げる経験やインスピレーションを求める。

滞在期間 2019.07.01 - 2019.08.31
滞在場所 Annex Youkobo