2016.09.01 - 2016.10.31

リオニ・アンドリュース

プロフィール:
リオニ・アンドリュース(1957年生まれ)は、テキスタイルや版画制作をベースとしたオーストラリアの美術家。作品は、場所や人が如何にして特定の場と繋ながるかをテーマにした探求として特徴つけている。アンドリュースは、地域の景観や刺繍の活動からインスピレーションを得て、社会論評のための道具として作品を使っている。都市郊外の落書きやうつろいやすいもの(一過性なもの)を記録し、人々がどのように都市環境と関わっているかについて調査している。制作プロセスの時間集約型の性質は、作っている作品と記録しようとしている儚いものの間の内的な緊張を引き起こす。


滞在中のプラン
以前の日本訪問は、彼女自身の文化経験と彼女が日本で体験したものとの間で繋がりとずれを如実にした。今回の滞在では、周辺環境の日々の視覚の記録を通して、東京の郊外生活を模索する。それを基に、詳細な編み物、版画とコラージュを制作する予定。

滞在期間 2016.09.01 - 2016.10.31
滞在場所 AIR-2
作家HP https://leonieandrews.wordpress.com/