2016.06.16 - 2016.07.31

エレノ・ターンブル

1992年生まれ。ロンドンを拠点に活動している。
立体、ドローイング、長期間のパフォーマンスの作品を作っている。ある課題を課して作品を作り、素材や制作経過自体が作品の形体を規定している。

しみや走り書き、行動とその反応によって、世界の営みが絶えずに行っている実態が表されている。ここでは、アーティストは「ツール」、そして材料が振る舞う:
「物理的な世界に魅了を感じ、物質を探求するメディア「彫刻」を学んで来た。その経過を通して、その反対のことに夢中していると発見した―実態のないさま、目に見えないもの、忘れかけられたもの。環境を歩くと、日常生活の白色雑音に含まれるルーティーンの瞬間を探している。それらを注意深く観察し記録することで、作品が実体化し始め、素材に対する探査の限界を広げている。」

滞在プラン
私の作品は、単調と混沌のバランスを見つけ、急速に変化する我々が生きている環境を理解しようとするものである。都市部では、その変化がより激しいと観察出来、東京は今まで経験した最も密集した都市環境になる。都市のリズミカル且つ瞑想的な構造、日常生活のルーティーンに対する異例や混乱を見つけようと考えている。都市の一定の変化の中、特定の瞬間を具体化しようとしている。

本プログラムは東京藝大美術学部(OJUN研他)との連携によるYoukobo Y-AIR Studio Programと、ロンドン芸術大学 Central Saint MartinsとAcme Studiosとの連携によるCSM Associate Studio Programme(ASP)との覚書に基づき、2015年より始めた、London/Tokyo Y-AIR Exchange Programの2年度目として実施するものである。

滞在期間 2016.06.16 - 2016.07.31
滞在場所 AIR-B
作家HP http://www.eleanorturnbull.co.uk/
作家HP http://eleanorturnbull-youkobo.tumblr.com/

関連イベント

  • 個展「How to fill in the time」7月20日-25日|Opening Party 7月20日18:00-20:00