2017.04.01 - 2017.04.30

エスペン・イデン

プロフィール:
ベルゲン、ノルウェー出身の学際的芸術家。写真、絵画、ディジタル・コラージュ、製本などの媒体を用い、キュレーターと芸術の教師としてコンセプチュアル・アートを探求している。作品の主なテーマは、オカルト信仰、自然の営みの個人的な知覚、そして絵画と写真の交差点や纏わる要素。

新プロジェクト
「Paintings I took」(絵画を撮りました)は、1日のみの展覧会となる。2013年から継続しているこのプロジェクトでは、写真を通しての風景、そして静物や抽象の動機への探求=「painteresque」(写真における絵画的な要素)への探求である。このイベントは、遊工房アートスペースで滞在する間に取り込んでいくプロジェクト「Photographs I painted」(写真を描きました)の乗り出しとなる。このタイトルは2016年から使用し、写真で撮ったものを絵画として描く意思を指す。子供の頃から達成不能を思い込んだ手法である「絵画」は、このプロジェクトで初の試みとなる。両方のプロジェクトは、写真と絵画の探求、そしてそれぞれがお互いに創造性をインスパイアするか思考させる。

2017年4月末に、滞在中描いた絵画の展覧会も開催する予定。

滞在期間 2017.04.01 - 2017.04.30
滞在場所 AIR-1
作家HP http://espeniden.com/

関連イベント

  • 4月2日(日)14:00-20:00 1day展示「絵画を撮りました」