2016.12.01 - 2017.01.31

フランク・レスブロス

プロフィール:
フランク・レスブロス(フランス生まれ)は、ニューヨークを拠点に活動しているアーティスト。基本的に映像作品を中心に制作しているが、ある意味では、インスタレーションと彫刻の間の表現だと言及されることもある。レスブロス氏の映像には、撮影のための操り人形として作動する独創的なモデルに、風景が入り込む。緻密な編集に裏打ちされるそれらは、不穏な雰囲気の動きを起こす、唯一の主人公である。そして物語が必要に応じて、単純な特殊効果と作動される音のボリュームが支え、映画言語に対する詩的な語彙を作り出す。レスブロス氏が仕事について話すとき、エド・ウッドやベケットに触れて、撮影冒険中の、ほとんど何でも起こすことが可能になる挿話も語る。これらの映像は必然的に実験の新鮮さを生じる。

滞在中の計画:
遊工房での滞在中の目的は、ビデオ作品を様々な芸術的装置により海のあらゆる現象を引き起こし、ビジュアル・アートと映画との類似点を引き出すことにある。イベントは気候学的(光と色の変化、雨、雲、風、流れ)と破局的(爆発、波、嵐、渦流、津波...)の両方になる。ビデオは、海、その変動、その動き、その色や気まぐれな変化などの海上を旅するような構成になり、東京の海や地震の特殊性もビデオ作品の開発に影響を与えるだろう。効果音は日本の音楽家と共同作業となる。

滞在期間 2016.12.01 - 2017.01.31
滞在場所 AIR-1
作家HP http://www.francklesbros.com