2015.01.01 - 2015.01.31

シェリー・シモンズ


-->

シェリ・スィモンズ

2006年に、シェリー・スィモンズは、移動可能な彫刻としての「神輿」がどのように機能しているのか研究するために来日した。 6ヶ月の間、神輿建設や神輿に纏わるパフォーマンスを直接見るために、様々な祭りを巡った。神輿を理解するという意図が、町で「迷い」、道で話しかけられた見知らぬ人との会話によって関心も持ち始めた。

以下の図面は、日本で滞在していた間に集めた手書きの地図のサンプルである。「今どこだ?」や「この言葉はどういう意味?」、「どこから来たの?」「。。。とどのように関連しているの?」といった質問に対する視覚的な解釈である。

これらの図にある線は、ある道筋を表している一方、風景の主観的な体験を言い漏らしている。言葉がある場所の空間的・隠された物語を表現しかねる時に生じるものである。

滞在プラン
遊工房にて展開する活動は、手で描かれた地図が空間に関する記憶を、時間・移動・方向付けの二次元の描写に解釈出来る実力を探索することである。それらの図が描かれた文脈と離れた後、建築に関する指示や、物の関係を示すための地図、計略等にも見え、【誤】解釈の可能性が限りなくある。そのようなズレが、今回スタジオで展開する活動の根拠にもある。

スィモンズ氏が滞在している間、図(見つけたもの、要求したもの)を集め、設計図のように読みながら立体物を作る。消費者包装や、スタジオの近辺に拾った素材から作られ、三次元の地図としての「機能」を持たされたそれらの立体物は、使い方によって意味合いが与えられる。

作家プロフィール
ミシガン州のデトロイト(USA)市生まれ。ミシガン大学(学士号)、クランブルック・アカデミー・オブ・アート(修士号)卒業。サウンド・アートやキネティック・アート、ミックスド・メディア、インスタレーション等の作品が、国内外の展示に発表される。National Endowment for the Arts(全米人文科学基金)、 Japan-US Friendship Commission(日米友好基金)、Center for Cultural Innovation、 California Arts Council等の賞を獲得。現在、カリフォルニア州立大学(California State University)にて、彫刻を教える。遊工房で滞在後、ベルリン(ドイツ)のZentrum für Kunst und Urbanistikにて、五か月間の滞在制作を行う予定。

滞在期間 2015.01.01 - 2015.01.31
滞在場所 AIR-A
作家HP http://www.sherisimons.com

関連イベント

  • 「オープンスタジオ」会期:1月30日(金) 時間:12:00-18:30 *オープニングレセプション1月30日(金)20:30(同日19:00-20:30までギャラリーにてLIVEを開催)