2014.02.02 - 2014.02.28

ミクリッチ・トノヤン 

アルメニアのアーティスト、AKOS Cultural NGOのディレクター、ACOSSのアーティスト・イン・レジデンスの設立者、Artists’Union of Armeniaのメンバー。1990年-1994年兵士としてナゴルノ・カラバフ戦争に巻き込まれ、死、破滅、絶望に直面し、その経験は今でも彼の創造的、社会的な活動に大きい影響を与えています。アートを通して危機に取り組み、その個人的、社会的、政治的、理想的な面を考え直そうとしています。AKOS Cultural NGOのディレクターとして世界中のアート団体と協力
し、交流プログラムを展開しつつ、アルメニアの周辺において地域プロジェクトも組んでいます。2010年にイギリスのAIRの仕組みをリサーチするためにEuro Cultural Foundationの研究助成金を受け、2011年にOpen Society FoundationのサポートによってアメリカのAIRの運営についてリサーチをしました。

滞在期間 2014.02.02 - 2014.02.28
滞在場所 AIR-A