2013.05.02 - 2013.06.29

ダヴィッド・ブロニョン

ダヴィッド・ブロニョン(と彼のコラボレーターのステファニ・ロラン)は実存的体験に触れながら、街のサブカルチャー、メタファー、コード、儀式や規則に焦点を当てます。パブリックスペースの潜在的なリアリティとその空間の多様で習慣的な使い方との緊張感を作品に微妙に織り込んでいます。詩的なイメージを使うことで様々な不明確な解釈をもたらし、人間の矛盾な存在を取り込みながら、その存在を確信し、教訓的な捉え方も目指していません。ハンス・マグヌス・エンツェンスベルガーによると「詩は矛盾です。既存の状態の支持ではありません」。私達の意識の限界に注視し、社会の周辺に押された人とのダイアログを育み、薬物常用者、フーリガン、無断居住者、ホームレス、移民が自分の物語を共有するためのスペースを設けています。主にビデオ、写真、オブジェ、また大規模インスタレーションを通して上記のコンセプトを形にしていますが、いつも変更可能な構造の中で人間の原始的な存在、人生の暗部、運命、死亡、暴力の体験と同時に希望、詩、光も反映しています。ダヴィッド・ブロニョンは影に光を当て、「識閾の領域」の解釈に丁寧に取り組んでいます。

滞在期間 2013.05.02 - 2013.06.29
滞在場所 Residence 1
作家HP http://www.the-plug.be/

関連イベント

  • 6月22日(土)17時-オープニングパーティー 18時-アーティスト トーク