microresidence_archivetopimg.jpg

日本語 / English

この記録は、国内外のアーティスト・イン・レジデンスの実践者が考えたこと、そして伝えたいことの記録です。

pdf 活動報告書21
MICRORESIDENCE!2020
アイミタガイ | Ai miTagai ―ロンドン・東京Y-AIRエクスチェンジ・プログラム、6年目の顛末 Y-AIRの可能性―ロンドンとの試み

pdf 活動報告書20
MICRORESIDENCE!2020
パンデミック禍で考えたことーAIRとパンデミック研究会報告2020

pdf 活動報告書19
MICRORESIDENCE!2020
Y-AIR構想 ―「AIR × 美術大学」によるアーティストの国際的キャリアの形成

pdf 活動報告書18
MICRORESIDENCE!2019
ロンドン/東京 Y-AIR 交換プログラム 2019 活動報告書

pdf 活動報告書17
MICRORESIDENCE!2019
'Art Camp' を通して考えるAIRと美大の協働 チェコ・日本の交流のかたち

pdf 活動報告書16
MICRORESIDENCE!2019
アーティスト・レジデンシー交換プログラム 2019 Youkobo × Finnish Artists' Studio Foundation

pdf 活動報告書15
MICRORESIDENCE!2019
ルクセンブルグと日本のアーティスト・イン・レジデンス活動 (AIR) を通した交流

pdf 活動報告書14
MICRORESIDENCE!2019
バスクの若手アーティストの日本滞在制作の活動記録 AIRと美術大学の協働

pdf 活動報告書13
MICRORESIDENCE!2019
Y-AIR trial between Finland and Japan, Part 3 環境アートを通したY-AIR実践、AIRと美術大学の協働

pdf 活動報告書12
MICRORESIDENCE!2018
Y-AIR・フィンランドと日本の試み・Part 2 AIRと美術大学の協働

pdf 活動報告書11
MICRORESIDENCE!2018
バスクの若手アーティストの日本滞在制作の活動記録 AIRと美術大学の協働

pdf 活動報告書10
MICRORESIDENCE!2018
'Art Camp'を通して考えるAIRと美術大学の協働

pdf 活動報告書9
MICRORESIDENCE!2017
アーティスト・イン・レジデンス(AIR)と美術大学の協働 Y-AIRフィンランドと日本の試み

pdf 活動報告書8
MICRORESIDENCE!2017
チェコと日本のアーティスト・イン・レジデンス活動を通した交流その5年の経緯と展望 、アーティスト・イン・レジデンスと大学の国際化を考える

pdf 活動報告書7
MICRORESIDENCE!2017
London/Tokyo Y-AIR Exchange Programme 2017 活動報告と軌跡

pdf 活動報告書6
MICRORESIDENCE!2016
Y-AIR 事例集 Vol.2 若手作家の機会としてのアーティスト・イン・レジデンス(AIR)

pdf 活動報告書5
MICRORESIDENCE!2015
Y-AIR 事例集 Vol.1 若手作家の機会としてのアーティスト・イン・レジデンス(AIR)

pdf 活動報告書4
MICRORESIDENCE!2014
若手作家への機会と場としてのアーティスト・イン・レジデンス(AIR)とは―Y-AIRの可能性、欧州文化首都2015 Pilsenとの試み

pdf 活動報告書3
MICRORESIDENCE!2014
若手作家への機会と場としてのアーティスト・イン・レジデンス(AIR)とは―Y-AIRの可能性、Londonとの試み

pdf 活動報告書2
MICRORESIDENCE!2013/2014
アーティストの創作活動の場(館)
その社会装置としての仕組み、ネットワークの可能性

pdf 活動報告書1
MICRORESIDENCE! 2012
アーティスト・イン・レジデンス、マイクロレジデンスからの視点

pdf 別冊3
マイクロアーカイブ- 31軒のマイクロレジデンス紹介
pdf 別冊2
マイクロ・ディレクターズ・トーク
pdf 別冊1
AIRs ほんとうの話 2012年マイクロレジデンス編
pdf 中間報告書
「小さなアートの複合施設から大きな可能性を!」
マイクロレジデンスの調査研究


マイクロレジデンスとは?

アーティスト・イン・レジデンス(AIR)は、アーティストが滞在制作を通して、創作活動や異文化交流などを行う事業で、国内外に広く存在し、長期滞在型 からイベント的なプログラムまで、活動形態や規模も様々です。その中で、小規模(施設・予算)アーティスト・ランで、インディペンデントに草の根的な活動 を行うAIRが「マイクロレジデンス」です。アーティストへのサポートに重点を置き、柔軟な対応と人間関係を大切にするのが特徴です。今日、芸術・文化的 な交流を促進しながら成長を続けるこのような小規模レジデンスは、AIR事業に対して新しい方向性を示していると言えるでしょう。AIRをどのように定義 すれば良いのか?どのような機能を持ち、また、利点があるのか?これらの問いへの答えは単純ではなく、各AIRの環境、社会的な背景の差異を理解すること が重要です。本企画は、AIRの可能性や重要な役割を改めて問いながら、「マイクロレジデンス」を多角的に検証します。

ご意見、感想など、お聞かせください。

遊工房アートスペース info@youkobo.co.jp
http://microresidence.net

Youkobo Art Space

©Youkobo Art Space 2013-

MICRORESIDENCE20132014_web.pdfMICRORESIDENCE20132014_web.pdf